34年の消防団活動に感謝、大玉村団長・菅野さんが退団

 
村役場で感謝状や花束を受けた菅野さん

 大玉村消防団長を務めた菅野善啓さん(60)が、34年にわたり活動した消防団を退団した。

 村史上最長の30時間を超える消火活動となった2018(平成30)年の山林火災では、団長として陣頭指揮を執った。菅野さんは「団員や村民の協力のおかげで活動を全うできた」と感謝の思いを語る。

 菅野さんは1986年に消防団に入団し、2017年に団長に就いた。山林火災では、山の中で消防車両が入れず、道も未整備で悪条件が重なる中、一刻も早い消火に尽力した。

 退職辞令交付式が3月31日、村役場で行われ、押山利一村長が菅野さんに辞令と感謝状を手渡した。菅野さんは「消防団を通して、さまざまなことを学んだ。これからは後輩の育成に努めたい」と話した。