会食、職場から家庭に感染拡大、郡山市が経路分析結果公表

 

 郡山市は5日、市内で3月から今月4日までに確認された新型コロナウイルス患者113人に対する感染経路の分析結果を公表した。4月からは会食など飲食店や職場内での感染から家庭に広がったケースが増えた。塚原太郎保健所長は「体調が悪いときは誰かと飲食しない。会食時は体調を確認し合ってほしい」と強調した。

 感染者が増えた3月16日以降の分析結果は【表】の通り。太田西ノ内病院関連の感染者は含まない。市によると、3月中旬から同月末は仙台市などの感染拡大地域を訪問した人の感染が目立っていた。最近では、症状がある人と会食で同席して感染したり、症状があったのに診察が遅れ家庭内で感染を拡大させた例もあったという。

 無料PCR対象全飲食店に拡大

 飲食店での感染者数が増えていることを受け、郡山市は1日から申し込みを受け付けている市内のキャバレーなど4業種に対する無料PCR検査の対象を全飲食店に拡大する。

 対象は約3千店舗で検査は5月末まで行う予定。申し込みは5月21日まで市保健所で受け付けている。問い合わせは市保健所(電話024・924・2157)へ。