馬陵公園の夜桜楽しんで 相馬・桜まつり開幕、ぼんぼり190本点灯

 
ぼんぼりが照らし出す馬陵公園の夜桜

 「相馬桜まつり」のぼんぼり点灯式は5日、相馬市の馬陵公園で行われた。ぼんぼりの明かりが照らし出す夜桜の幻想的な光景に、初日から見物客が見入った。

 今年はぼんぼり190本、投光器12器を設置。式では市観光協会長の草野清貴相馬商工会議所会頭が「コロナ禍の今年、市民の皆さんにはぜひ相馬の桜を見て楽しんでほしい」とあいさつした。草野会頭のほか、阿部勝弘副市長、菊地清次市議会議長、清水誠二相馬署長らが点灯スイッチを押した。

 点灯期間は11日までの予定だが、開花状況で変更になる場合がある。点灯時間は午後6時~同9時。