地上で満開、川俣「宇宙桜」 薄ピンクや白の花咲き乱れる

 
満開になった宇宙桜を観賞する町民ら

 川俣町中央公園の宇宙桜「希望の桜」が満開となり、訪れた人を楽しませている。

 宇宙桜は、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」に保管された桜の種から育てたもので、同町の宇宙桜は、ライオンズクラブ(LC)国際協会332―D地区第64回年次大会の記念アクティビティの一環で3年前に植樹された。

 淡いピンク色や白の花が咲き乱れ、地域住民らがスマートフォンで撮影するなどして観賞している。公園全体に植えられた桜も見ごろを迎えている。