福島の民家火災、1遺体を発見 52歳家人男性か、身元確認急ぐ

 

 8日午後3時20分ごろ、福島市、造園業の男性(52)方から出火、木造平屋住宅の一部約70平方メートルが焼け、焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。家人の男性と連絡が取れていないことから、福島署は遺体が家人の男性の可能性もあるとみて身元の確認を急ぐとともに、詳しい出火原因を調べている。

 同署や福島南消防署などによると、家人の男性は1人暮らし。居間が燃えていたという。火災に気付いた近隣住民が「煙が出ている」と119番通報した。