夢に向かう「新校舎」 福島医大駅前キャンパスに新入生140人

 
真新しい福島駅前キャンパスに入った新入生たち

 福島市栄町の福島医大駅前キャンパスで8日、保健科学部新入生のオリエンテーションが行われ、新入生たちが完成したばかりの校舎に初めて入った。

 新入生約140人が、学生生活の送り方やカリキュラムについての説明を受けた。授業は9日から始まる。

 作業療法学科に入学した高木若葉さん(18)=磐城桜が丘高卒=は「広くてきれいな校舎。勉強に集中しやすい環境が整っていると感じる。患者の心に寄り添える作業療法士になりたい」と笑顔を見せた。