城下町に似合うクラシックデザイン、白河市循環バス新車両導入

 
お披露目された新車両

 ジェイアールバス関東と白河市は6日、同市循環バス「こみねっと」のバスをリニューアルした。城下町の雰囲気に合う紺色のクラシックなデザインになっている。

 循環バスの中循環コースはこれまでボンネットバスが運行していたが、老朽化などの理由で新たなバスを導入した。市の全額補助により、ジェイアールバス関東が購入した。内装は木目調で落ち着いた雰囲気にデザインされている。外装はフロントグリルが設置されるなど、ボンネットバスのイメージを継承している。

 6日、JR白河駅前ロータリーでお披露目式が行われた。鈴木和夫市長が「市民の生活の安定安心のため、有効に活用してほしい」とあいさつ。鈴木市長とジェイアールバス関東の中村泰之社長がテープカットを行い、新車両の出発を祝った。