勿来少年ラグビーの活躍期待、以和貴総業が新ユニホーム寄贈

 
佐藤社長(右)からユニホームなどを受ける神永君(中央)、小堀さん

 不動産業の以和貴総業(いわき市)は4日、いわき市の勿来少年ラグビースクールに試合用ユニホームと指導者用チームシャツを贈った。

 同社が創業50周年の節目を迎え、佐藤伸一社長が同スクールの卒業生であるなどの縁から、地域貢献としてユニホームとチームシャツを提供した。

 寄贈式は同日、同市の鮫川河川敷グラウンドで行われた。佐藤社長が「将来を担う皆さんに頑張ってほしい」と、同スクールの神永直太朗君(菊田小6年)とコーチの小堀哲也さんにユニホームなどを手渡した。神永君は「ユニホームを着て、チームのために頑張りたい」と話した。

グラウンドで開校式

 勿来少年ラグビースクールは4日、いわき市の鮫川河川敷グラウンドで本年度の開校式を行った。同スクールの岡本恒夫校長が「一生懸命練習して、丈夫な体をつくってほしい」と述べた。同スクールには市内外の幼稚園生や小、中学生87人が所属している。