「町民に迷惑、申し訳ない」 官製談合で起訴の渡部前美里町長

 

 官製談合防止法違反などの罪で起訴され保釈された前会津美里町長の渡部英敏被告(80)=同町=は9日、福島民友新聞社の取材に応じ「町民に迷惑を掛けて申し訳ない。謝罪を考えている」と述べた。

 渡部被告は、謝罪を考えているとしたが、具体的にどのように町民に伝えるかについては明言しなかった。事件については「話すことはできない」とした。

 事件を巡り、渡部被告から入札情報を受けたとされ2件の公契約関係競売入札妨害の罪で起訴された斎藤工務所元社長の斉藤正直被告(64)=同町=は9日、保釈が認められた。保釈保証金は400万円。