「磐梯吾妻スカイライン」4月16日に再開通 冬季通行止め区間

 

 県は8日、積雪により冬季通行止めとなっていた磐梯吾妻スカイラインの旧高湯ゲート(福島市)と旧土湯ゲート(猪苗代町)間の28.7キロを、16日午前10時に再開通させると発表した。

 5月5日までは路面凍結の恐れがあるため、夜間通行止めとなる。

 また県によると、旧土湯ゲートに接続する同町の県道約2.8キロは2月の本県沖地震で損傷したため、当面の間通行止めとなる。国道115号などが迂回(うかい)路となる。被災区間については、6月に災害査定を受け、復旧工事を進める予定。

 磐梯山ゴールドライン(磐梯町、北塩原村)と磐梯吾妻レークライン(猪苗代町、北塩原村)の再開通は未定。