二本松・枡記念病院、12日から全面再開 3月にクラスター発生

 

 新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が3月に発生した枡記念病院(二本松市)は10日、ホームページで、院内感染の終息を宣言し、12日から一般外来を含め全ての診療を再開すると発表した。

 全ての入院患者と全職員に複数回のPCR検査を行い、最後に陽性者が報告された3月19日以降今月9日までの3週間、新たな陽性者が確認されていない。

 再開に当たっては、入院する全ての患者にPCR検査を実施するなど感染症への監視、検査体制を充実するとともに、強制換気装置を導入するなど感染対策を強化した。

 同病院では、2月24日に入院患者1人の感染が確認されて以後、入院患者33人、退院患者3人、職員8人の感染が確認された。今月5日から安全が確認された一部診療科で、予定の手術や治療を再開していた。