福島駅前通り「ホコ天」、週末中心に年間約30回定期開催へ 

 
福島駅前通りを歩行者天国にした昨年のイベント

 福島市中心部の経営者らでつくる「ふくしま情熱通り実行委員会」は18日から、福島駅前通りを歩行者天国にして、飲食や物販などが楽しめるイベントを週末を中心に定期開催していく。路上にテーブルと椅子を置き、誰でも利用できるようにする。

 飲食店応援と市街地活性化が目的。11月3日までに約30回開催の予定。内容は、キッチンカーが並んだり、音楽や農業などをテーマにしたり、夏は夜間に開いたりと趣向を凝らす。歩行者天国の時間は昼間が午前9時~午後6時、夜間が午後5時~同10時の予定。

 実行委が7日に会議を開いて内容を話し合った。実行委員長の小河日出男市商店街連合会長は「新型コロナウイルス感染症の対策を講じつつ、まちににぎわいをつくっていきたい」と語った。