二本松市、ワクチン個別接種が基本 日曜に補完的に集団接種も

 
ワクチンの接種計画を発表する三保市長

 二本松市役所で9日に行われた三保恵一市長の記者会見では、新型コロナウイルスワクチンの接種計画の概要も発表された。最寄りの病院や、かかりつけ医で安心して接種ができるよう、安達医師会と協力して体制をつくり上げた。

 医療機関で接種する「個別接種」が基本で、補完的に「集団接種」を日曜日に行う。個別接種は同市と本宮市の5病院、26診療所が会場。

 集団接種は二本松1、本宮と大玉村で1の計2会場。同医師会との連携で3市村の広域的な対応が可能となり、どの会場でも接種できる。

 高齢者、基礎疾患のある人、16~64歳の市民の順で進める。市はワクチンの供給状況を見ながら年代ごとに接種券を発行する。基礎疾患者には、独自の基礎疾患確認票を活用、接種券を早めに送付する。接種券は高齢者が22日以降に発送される。

 接種の予約は、接種予約相談センターに電話(0570・050・557)で申し込むか、無料通信アプリ「LINE(ライン)」などでのウェブ予約、各医療機関への直接予約で対応する。三保市長は会見で「計画に基づき優先順位、供給量に合わせて臨機応変に進めていく」と述べた。

接種を受けられる医療機関

 二本松=二本松病院、枡病院、枡記念病院、青木整形外科医院、安斎内科胃腸科医院、かさい小児科クリニック、きくち整形外科、小林医院、佐久間内科小児科医院、さくらクリニック、佐藤内科胃腸科医院、しんいち内科、土川産婦人科医院、土川内科小児科、東雲堂内科・循環器内科クリニック、東和クリニック、二本松ウイメンズクリニック、岩代国保診療所、野地眼科医院、ばばクリニック、本田レディスクリニック、三浦内科医院、みずのクリニック、森小児科医院、渡辺医院、和田医院▽本宮=谷病院、東北病院、上遠野内科医院、よしだ内科、渡辺クリニック