七色に浮かぶ宮川千本桜にうっとり、会津美里・人の心明るく照らす

 
ライトアップされた宮川千本桜

 会津美里町の宮川千本桜のライトアップが10日、始まった。立ち並ぶ桜がさまざまな色に照らされ、うっとりするような光景が広がっている。

 町商工会青年部のOBらでつくる町おこし団体「MISATO FACTORY」が主催し、30基の照明を設置した。照明は7色に変化し、伊佐須美神社近くの宮川沿いに並ぶ桜を際立たせている。

 同団体の手代木崇会長(46)は「コロナ禍で暗くなりがちだが、町を明るく照らし、見る人の気持ちが明るくなれば」と話した。点灯期間は25日までの午後6時30分~同10時。