県道いわき石川線で土砂崩れ発生 道路脇の斜面、片側通行規制

 
約30メートルに渡って崩れた斜面=13日午後0時5分ごろ、いわき市

 13日午前9時5分ごろ、いわき市遠野町の県道いわき石川線で、道路脇の斜面の土砂が崩れた。県道は同日午前9時30分から一時全面通行止めになった。県は土砂を撤去し、午後5時40分から片側交互通行規制に切り替えた。

 県によると、高さ5メートル程度のモルタル吹きつけの斜面が、約30メートルにわたり崩落したという。けが人や車両の被害はなかった。安全が確認されるまで、当面は通行規制を継続するという。