天栄村の魅力発信、オリジナル「てんぬぐい」 縁起の良い亀甲柄

 
天栄村をイメージしたデザインの「てんぬぐい」

 天栄村は、村オリジナルの手拭い「てんぬぐい」を制作した。村をイメージしたデザインが特徴で、今後村の事業で配布するなどして魅力発信につなげる。

 手拭いは縦30センチ、横90センチ。縁起の良い亀甲柄で、デザインには「天」「栄」の漢字や同村のマスコットキャラクター「ふたまたぎつね」をモチーフにしたマークを採用した。敷物や包みなどに幅広く使える。

 過去に村の地域おこし協力隊を務めた芳賀育実さんの原案を基に、須賀川市の平半染工が伝統的な製法で染め上げた。芳賀さんは「手拭いを使って、天栄に愛着を深めてほしい」と話している。問い合わせは村企画政策課(電話0248・82・2333)へ。