「ワクチン集団接種」南相馬5月開始 新型コロナ、高齢者向け

 

 南相馬市は13日、65歳以上の高齢者約2万1200人を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種を5月10日から始めると発表した。

 地区ごとの高齢化率や人口を考慮し、個人ごとに接種会場・日時を指定する。5月10日の週に接種する高齢者と市内に住民票があり、他市町村に避難する高齢者には23日に接種券を発送する。

 会場は小高区の浮舟文化会館、鹿島区の鹿島体育館、原町区の市スポーツセンター。地区の拠点施設を巡回する送迎バスも用意する。市によると、7月17日をめどに市内の全高齢者のワクチン接種完了を見込んでいる。市内では集団接種に先立ち、24日から医師が高齢者施設を巡回し、入所者や職員約1450人を対象とした接種が始まる。