処理水海洋放出、首長「国には責任」 双葉、大熊両町にじむ苦悩

 
「国民や県民、漁業者らにしっかりと説明し、この方針を進めてほしい」と求める伊沢町長=13日午後、いわき市・双葉町いわき事務所

 東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出方針の決定を受け、第1原発が立地する双葉町の伊沢史朗町長、大熊町の吉田淳町長は13日、それぞれ梶山弘志経産相と面会した。両町長は廃炉に向け処分を進めることへの必要性に触れた上で、政府に対し国民の理解を得るための説明徹底やトラブルが続く東電への指導を強く求めた。

 いわき市の町いわき事務所で梶山氏から方針決定の報告を受けた伊沢町長は「いまだ全町避難をしている当町にとって非常に重要な問題。国民や県民、漁業者らにしっかりと説明し、この方針を進めてほしい」と述べた。

 伊沢町長は今後の処理水の取り扱いについて「政府が責任を持ち、第三者機関が関与するなどして、安全性を確認、監視してほしい」と要望。震災と原発事故以降、トラブルや不祥事が続く東電への強い指導、監督も求めた。さらに、実施主体である東電の信頼回復も必要だと指摘し、政府や東電の対応を注視していく考えを示した。

 吉田町長は町役場新庁舎で梶山氏と会談した。吉田町長は「処理水の処分は廃炉の工程で避けては通れない」とした上で、「国内外に透明性の高い客観的な情報を発信し、地元住民や国民の理解を得てほしい」と海洋放出によって生じる風評被害に国が全責任を持って対応するよう求めた。

 また、海洋放出までの今後2年間について〈1〉徹底した風評対策の実施〈2〉正確な情報発信―の2項目を要望。「廃炉の遅れは町や県の復興に影響を及ぼすだけでなく、国の威信にも関わる」と意見を述べた。

 浜通りの市町村長から注文「説明尽くせ」「議論不足」

 政府が海洋放出方針を決定したことを受け、浜通りの首長は風評被害対策や説明の徹底などを求める。

 楢葉町の松本幸英町長は「風評の影響の抑止や補償について、地元に寄り添い最後まで責任を持って取り組むことを求める。東電は信用を得られる組織体制へ改革し、安全性を分かりやすく情報発信するべきだ」とくぎを刺す。富岡町の宮本皓一町長も「原発事故の風評被害を払拭(ふっしょく)できない現状を鑑み、一歩踏み込んだ対策を求める。東電には管理体制を早急に見直した上で処理水処分を含め廃炉作業を安全で確実に行うよう求めていく」とした。

 浪江町の吉田数博町長は「今後も国の責任の下、風評払拭に向け、十分な対策と風評被害が完全になくなるまで万全な支援を行うよう求めていく」とコメント。葛尾村の篠木弘村長は「国民、事業関係者への丁寧な説明を前提に科学的根拠に基づく安全性の確保、風評被害への対応を強く要望したい」とした。南相馬市の門馬和夫市長も「国民や漁業関係者の海洋放出の安全性、風評被害への不安は大きい。政府には海洋放出を決定した背景などを説明し、理解を得るよう求める」とした。飯舘村の杉岡誠村長は「国と東京電力が責任を持って対処するべきこと。地元意見を大事にし、安全性や風評払拭対策について責任を持って説明を尽くしてほしい」と話した。

 議論や説明不足を指摘する声も上がった。広野町の遠藤智町長は「十分な議論と地元合意が得られていない。国は確実な廃炉に取り組む責任があり、海洋放出まで風評被害を生まない対策を構築し、国民の理解を得なければならない」と強調。新地町の大堀武町長は「漁業関係者や国民の理解が得られるような説明が足りない。風評被害のほか若い漁師や子どもたちの夢もつぶさないように対策を講じてほしい」と注文した。

 川内村の遠藤雄幸村長は「核物質防護設備の不備など一連の問題で東電に対する信頼は揺らいでいる。放出の際は客観的で透明性のあるデータの公開が不可欠だ」と指摘した