郡山でワクチン「廃棄」 新型コロナ、当日キャンセルの1回分

 

 郡山市は、新型コロナウイルスの高齢者向けワクチン接種で、当日に1件のキャンセルが出たためワクチン1回分を廃棄したと発表した。キャンセルが出たのは13日の接種。市は今後、キャンセルが出た場合、集団接種会場で働くワクチン未接種の医療従事者に打つことで有効利用する方針。

 市によると、インターネットからの予約でキャンセルが出た。キャンセルもネットからで理由は不明。ワクチンは希釈後6時間以内に打つ必要があるが、13日の段階ではキャンセルとなったワクチンの活用法が決まっていなかったため、廃棄せざるを得なかったとしている。