福島市、施設職員対象にPCR検査 新型コロナ、4月19日から

 

 福島市は14日、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、市内の高齢者施設と障害者施設の全職員にPCR検査を実施すると発表した。対象は約220施設の約5000人で、19日から始めて6月中の完了を目指す。

 ワクチン接種までの間、重症化リスクの高い高齢者が多数入所する施設のクラスター発生を防止することが狙い。19日から優先的にワクチン接種が始まる介護老人保健施設は対象外とした。