郡山で医療従事者5人に接種 新型コロナワクチンキャンセル分

 

 郡山市は15日、新型コロナウイルスの高齢者向けワクチン接種を巡り、5件のキャンセルが出たことから、そのワクチンを集団接種会場で働くワクチン未接種の医療従事者に接種したと発表した。当日キャンセルが出た場合に接種する医療従事者向けの予診票と接種証明書をあらかじめ用意しておくなど、入念な準備がワクチンの有効活用につながった。

 市によると、15日の集団接種は二つの会場で実施した。キャンセルがあったのはインターネットからの予約分で、総合南東北病院内の会場で2人、星総合病院内の会場で3人あった。キャンセルもネットで行われたが、理由は分からないという。同市は、予約がキャンセルされたワクチンの医療従事者への接種を14日に決定したばかり。会場にいる未接種の医療従事者の中で、年齢の高い順に接種を行うなどのルールを決めていた。

 市は、キャンセルによって生じた医療従事者の接種履歴については、市の予防接種台帳で管理する。台帳記録を残しておき、将来的には政府のワクチン接種記録システム(VRS)に反映させる方針だ。