郡山消防署の5人、高度救助隊員に認定 大規模災害時に人命救助

 
高度救助隊員に認定された(右から)松本さん、渡辺さん、鹿又さん、白幡さん、佐藤さん

 郡山消防署の佐藤祐一さん、白幡就さん、鹿又浩平さん、渡辺真彦さん、松本忠慶さんの5人は16日までに、同消防署の高度救助隊員に認定された。5人は今後、大規模地震や特殊災害発生時に県内外で人命救助に当たる。

 5人は昨年12月から約3カ月間にわたり研修を受け、大規模災害時の安全管理や高度救助資機材の取り扱い方などを学んできた。

 同消防署で行われた査閲では、5人が音響探査機などの資機材を使って要救助者を捜索するなどし、研修の成果を披露。郡山地方消防本部の消防長らが査閲官を務め、5人を高度救助隊員に認定した。

 同消防本部によると、管内の高度救助隊員数は、今回認定された5人を含め53人となった。