処理水海洋放出、5月にも全体工程表 東京電力、規制委に提示へ

 

 東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する政府方針の決定を受け、東電は19日、放出開始までの詳細な全体工程表を作り、5月に原子力規制委員会への提示を目指す考えを明らかにした。規制委が開いた特定原子力施設監視・評価検討会の会合で、東電の担当者は「(5月に予定される)次回会合に向けて努力したい」と述べた。

 東電は政府方針に従い、2年後をめどに海洋放出を始めたい考えだ。東電の工程表では、設備の設計や手順をまとめた実施計画の審査を規制委に申請。認可後には設備工事に着手し、海域で放射性物質のモニタリング(監視)を強化するとしているが、具体的な時期は示していない。

 事務局の規制庁は「工事期間や審査申請の時期、審査をいつごろまでに終える必要があるのかを示してほしい」と要求。「タンクの貯蔵容量が逼迫(ひっぱく)することは避けたい」とし、実施計画の申請前でも技術的な問題点について先に意見を出すとした。東電は「設計や手順について地域の関係者らと条件を詰めて準備したい」と説明した。

 会合では、処理水に含まれる放射性物質トリチウム濃度の測定手順や設備の保守管理の進め方などについて指摘があった。

 規制委の伴信彦委員は東電に迅速な対応を求め、状況に応じて会合の頻度を増やす可能性に言及。一方で「トリチウム濃度を薄めて流すだけでは済まない。運営管理に主体性を持たないといけない。トラブルを想定し、計画を練り上げてもらいたい」とくぎを刺した。