最新鋭の石炭火発、いわきで営業運転始まる 二酸化炭素15%減

 
営業運転を開始した勿来IGCC発電所=19日午後、いわき市岩間町

 三菱重工や東京電力ホールディングス、常磐共同火力などが出資する勿来IGCC(石炭ガス化複合発電)パワー合同会社は19日、いわき市岩間町に建設していた最新鋭の石炭火力発電設備「勿来IGCC発電所」の営業運転を16日に開始したと発表した。出力52万5000キロワットはIGCCとしては世界最大。年間発電量は一般家庭15万世帯の年間電力使用量に相当する。

 IGCCは石炭をガス化してガス、蒸気の二つのタービンを回すことで発電効率が向上、従来の石炭火力発電と比べ、二酸化炭素(CO2)の排出量が約15%抑えられる。

 従来は使えなかった低品位の石炭も燃料として使えるため、石炭を安く安定的に確保でき、エネルギーセキュリティーの向上に寄与できるという。環境面では大気汚染防止の基準をクリア。石炭灰が溶けてガラス状になったスラグ(鉱さい)は、セメントの原材料や路盤材に再利用される。

 勿来IGCC発電所の建設は、震災と原発事故からの本県の経済復興や雇用創出が目的。2017(平成29)年4月に本格着工した。当初は20年9月の運転開始を予定していたが、設備の調整が難航して遅れた。

 合同会社が広野町に建設中の同規模のIGCC発電所と合わせ、建設最盛期の昨年2月には1日当たり最大約2700人を雇用。経済波及効果は、環境影響評価着手から運用を含めた数十年間で、1基当たり800億円と試算されている。

 堀江嘉彦所長は「安定的な運転を第一に続けながら、CO2削減をはじめとする環境負荷の低減を心掛け、福島復興に寄与していきたい」と語った。