ARや動画も駆使 子どもの防災意識育む新教材、郡山消防本部が作成

 
消防や火災予防について楽しく学ぶことができるキャリアブック

 郡山地方消防本部は、消防や火災予防についてまとめた教材「消防キャリアブック」3500冊を作成した。教材には仮想現実(AR)技術を使った防火活動の紹介なども盛り込んでおり、楽しみながら学ぶことができる。同本部管内の小学3年生に送られる。

 子どもたちに防災意識を育んでもらおうと作成した。消防署員の仕事や火災の統計データを紹介しているほか、「火事になったらどうする?」など防災について考えるきっかけをつくる項目も設けた。

 さらにQRコードを読み取ると、火災の危険性を伝える実験や消防署の様子を紹介する動画を見ることができ、火災から命を守るために必要なことを学ぶことができる。

 発行に携わった同本部予防課の安斎功造主査は「防災や火災を起こさないための知識を身に付け、自分の命を守る行動をとってほしい」と呼び掛けた。