慶応大サポート「地域一体の学校教育」実現へ、磐梯町と覚書締結

 
覚書を取り交わした佐藤町長(左)と玉村教授

 磐梯町と慶応大SFC研究所(神奈川県)は20日、地域と教育現場が一体となった学校教育の実現に向けた覚書を締結した。

 児童・生徒それぞれに目を向けてコミュニケーションを取っていく「令和の日本型教育」の実現を目指し、同研究所が教育現場へのサポートや助言、評価を行う。当面は同町の教育現場の現状を把握するために情報収集を進める。

 町役場で行われた締結式で、佐藤淳一町長と同研究所長で慶応大総合政策学部の玉村雅敏教授が、覚書を取り交わした。佐藤町長は「地域一体で町の学校教育を進め、新しい教育スタイルを示していきたい」と意気込みを語った。