内堀知事、連休中外出「慎重に」 新型コロナ、施設密集回避を

 

 大型連休を控え、内堀雅雄知事は22日の感染症対策本部員会議で、感染拡大地域との不要不急の往来を自粛するよう呼び掛けた。

 感染拡大地域以外でも「帰省や旅行は慎重に検討してほしい」と述べた。県内観光施設や集客施設には密集を回避するため、必要に応じ人数制限をするなどの対応を求めた。県アドバイザーの金光敬二福島医大教授は「連休中は医療施設が手薄になり、入院調整が困難になる可能性もある」と指摘、意識的に人との接触を避けるよう呼び掛けた。