福島県、過去最多54人感染確認 新型コロナ、県累計3148人に

 

 県は23日、県内で新たに54人の新型コロナ感染を確認したと発表した。22日に判明した。今月8日の53人を上回り、1日当たりの感染者数の最多を更新した。感染確認は計3148人。入院して治療を受けていた80代男性が亡くなり、死者数は計121人となった。

 感染が確認された54人のうち14人は、いわき市が22日に発表した児童施設の児童や関係者。また1人は二本松北小の教職員で、クラスター(感染者集団)は計20人に拡大した。

 市町村別の内訳は、いわき市25人、郡山市9人、福島市8人、二本松、伊達両市が3人、会津若松市2人、国見町、矢吹町、西郷村、茨城県が各1人。12人の感染経路が不明という。

 県によると、22日までに16人が退院、11人が宿泊療養施設を退所した。10人が重症。60人が宿泊療養中で、22人が自宅療養している。