カツオ初水揚げ!いわきに初夏の味覚 活気に包まれる小名浜港

 
今シーズン初めて小名浜港に水揚げされたカツオ=23日午後、いわき市

 初夏の訪れを告げるカツオが23日、いわき市の小名浜港に今シーズン初めて水揚げされた。昨年より1カ月以上早い水揚げに、港は活気に包まれた。

 酢屋商店(いわき市)が所有する巻き網漁船が22日夕、八丈島の沖合でカツオ約8トンを取り、巻き網運搬船第33寿和(すわ)丸が水揚げした。カツオは重さ12キロほどの大型が中心で、1キロ当たりほぼ平年並みの500~600円で取引された。

 市などによると、黒潮の「大蛇行」などで漁場が変わった影響で近年、初水揚げが5、6月に遅れていた。酢屋商店の野崎太取締役(38)は「漁場に近い港に水揚げする選択肢もあったが、処理水問題で揺れる福島を盛り上げようと、カツオを運んだ」と話した。カツオは今後、県内を中心に販売される。