イオンモール計画、市街化区域への編入検討 伊達・堂ノ内地区

 

 「イオンモール北福島(仮称)」の出店が計画されている伊達市堂ノ内地区について、県は将来的に「市街化区域」への編入を検討する。まちづくりの基本方針をまとめた「県北都市計画区域マスタープラン」の見直し案に盛り込んだ。23日に福島市で開いた県都市計画審議会の小委員会で示した。

 同地区は現在、商業施設などの開発が制限される「市街化調整区域」だが、伊達市が地区計画を策定、都市計画決定していることから見直し方針を決めた。県は「地区計画に基づく施設整備と土地利用が図られれば市街化の状況を踏まえ編入を検討する」とする。