ARで古関の世界!無料アプリ活用 福島、メロディーなど流れる

 
ARマーカーを読み取ると、古関メロディーや映像が流れるスマートフォンのアプリ

 作曲家古関裕而を生かしたまちづくりを進めている福島市は24日、市中心部の「古関裕而ストリート」などで、スマートフォンアプリを使うと古関メロディーと関連した写真フレームに使える映像などが流れる取り組みを始めた。市は「ぜひ記念の一枚を撮影して」と呼び掛けている。

 アプリはAR(拡張現実)を使った無料アプリ「COCOAR」。市内5カ所にあるARマーカーを読むと、「栄冠は君に輝く」などの古関メロディーなどが流れる。ARスポットはJR福島駅東口駅前広場、駅前通り街灯、街なか広場前街灯、レンガ通りに5カ所。

 市は昨年放送されたNHK朝ドラ「エール」を機に、古関を活用した取り組みを続けている。市は「人々にたくさんのエールを送り続けた古関メロディーの世界をぜひ感じてほしい」とした。