「林業アカデミーふくしま」2022年8月完成 後継者育成を後押し

 
来年8月に完成予定の林業アカデミーふくしまの完成予想図(県提供)

 県が郡山市の県林業研究センター内に整備中の林業研修施設「林業アカデミーふくしま」が来年8月に完成する見通しとなった。県は同4月から、就業前の若者が林業の基礎などを学ぶ1年間の長期研修をスタートし、後継者育成に向けた取り組みを本格化させる。今年7月に受講生15人程度の募集を開始する。

 研修施設は延べ床面積約1300平方メートルの木造平屋で、機器の購入費などを含む本年度の事業費は約6億4200万円。研修棟や実習棟を備え、郡山市と塙町に計2カ所の実習林を確保した。測量、間伐、ドローンや林業機械の操作など多様な実習で知識と技術、資格の習得を後押しする。

 県が26日、郡山市で開講した市町村や林業団体関係者向けの短期研修で概要を示した。短期研修は、関係者に改めて林業の基礎知識を身に付けてもらおうと、来春開講の長期研修に先立って実施。来年1月末までに全11回の講座を開く。

 県は来年度以降、新規就業を志す人向けの長期研修と短期研修を並行し、人材育成と林業振興を進める。林業アカデミーの施設が完成するまでは、いずれも県林業研究センターの既存施設を活用して研修を行う。