いわき医療センター、診療体制が通常に 接触者の自宅待機終了

 

 職員の新型コロナウイルス感染が確認されたいわき市医療センターは27日、接触者の自宅待機が終了したため、診療体制を通常に戻したと発表した。26日から通常診療を行っている。

 同センターによると、感染が確認された職員の濃厚接触者や接触者と認定された職員11人と患者18人に対し、23~25日にPCR検査を実施。いずれも陰性だった。同センターは、職員の自宅待機などで一部の検査日程を変更していた。濃厚接触者とされた職員2人は、5月上旬まで自宅待機を続ける。