「米粉入り」冷やし中華 6次化商品、JA会津よつばが発売

 
JA会津よつばが発売した米粉を使いもっちりとした食感が特徴の喜多方冷し中華

 JA会津よつばは28日、会津産の米粉と県産の小麦粉を使った新商品「米粉入りもっちり喜多方冷し中華」を発売した。

 同JAの「米粉入り喜多方ラーメン」に続くオリジナル6次化商品。米粉を使うことでもっちりとした食感となっている。特製のレモン果汁入りしょうゆたれがセットになっており、さっぱりとした味わいを楽しめる。担当者は「冷し中華の販売を通し、会津産米や地場野菜の消費拡大を図り、さらなる直売所の売り上げ向上を目指す」と話した。

 同JA管内直売所のほか、県内外の提携ファーマーズマーケットで扱っている。価格は1袋3食入りで420円。夏期限定販売で、7500袋の販売を目標としている。

 問い合わせは同JAふるさと直販課(電話0242・37・2228)へ。