横浜・中華街の名品集結!うすい百貨店 小籠包やから揚げ人気

 
横浜中華街などの名品が並ぶ会場

 横浜中華街と神奈川県の食や名品が集結した「第19回神奈川 横浜・中華街展」は29日、郡山市のうすい百貨店で開幕した。来場者が横浜中華街の魅力を味わっている。5月10日まで。

 食品関係の30店が出店。「四五六菜館」の小籠包や「東北人家」のから揚げ、初出店の「楊記」のいちごあめなどが人気を集めている。

 ワールド雑貨バザールが同時開催され、工芸関係の17店が出店。世界の雑貨を展示販売している。時間は午前10時~午後6時30分(最終日は同5時)。問い合わせは同百貨店(電話024・932・0001)へ。