須賀川かっぱ麺どうぞ 具材工夫、16店で販売開始

 
かっぱ麺をPRする小野寺さん(右)と大内会長

 須賀川市特産のキュウリを使った地元グルメ「須賀川かっぱ麺」の本年度の取り扱いが市内の飲食店16店舗で始まった。各店舗が趣向を凝らした一品を提供している。

 キュウリの搾り汁を練り込んだ緑色のキュウリ麺の上に野菜などの具材を盛り付け、みそをだし汁に溶かして具と混ぜ合わせながら食べる。16店舗のうち、同市堀底町のニュー芭蕉苑では、トマトやキュウリなどの野菜や温泉卵、鳥の唐揚げ、自家製肉みそなどを盛り付けている。

 牡丹キャンペーンクルーの小野寺里佳子さんが同店を訪れ、「須賀川かっぱ麺の会」の大内康広会長から説明を聞きながら麺を味わった。小野寺さんは「キュウリの清涼感と麺のもちもち感が合わさっている。ぜひ須賀川の名物を味わってほしい」と「須賀川かっぱ麺」をPRした。

 須賀川かっぱ麺、取り扱い店(期間は店舗ごとに異なり、要予約の店もある)

Sushi&Grillあづま、すし観、蕎麦・うどん大黒亭、金子屋、季節料理なじみ、ニュー芭蕉苑、ラーメン一番影沼店、居楽屋SYUZENあかし、須賀川kitchenあぐり、スナック鶴、吟醸料理・酒ゆめぜん、割烹萩の井、割烹万松、グランシア須賀川、ホテルサンルート須賀川、ホテル虎屋