中テレドラマ「浜の朝日の嘘つきどもと」入賞 ギャラクシー賞

 

 福島中央テレビ(中テレ)は30日、優れた放送に贈られる第58回ギャラクシー賞(放送批評懇談会主催)のテレビ部門に、開局50周年記念オリジナルドラマ「浜の朝日の嘘(うそ)つきどもと」が入賞したと発表した。

 贈賞式は6月2日に行われ、入賞14作品の中から大賞や優秀賞、選奨が発表される予定。式は無観客で、動画投稿サイト「ユーチューブ」の同会公式チャンネルでライブ配信される。

 ドラマは、南相馬市に実在する映画館「朝日座」を舞台に、夢破れた映画監督ら人々の苦悩と再生を描いた。主演はミュージシャン竹原ピストルさんと女優高畑充希さん。監督は、映画「百万円と苦虫女」などのタナダユキさんが務めた。

 昨年10月から、福島地区を含む全国の29地域で放送され、本県での世帯視聴率は15.7%(瞬間最高18.1%)、録画など7日以内での視聴の実態を指すタイムシフト視聴率を合わせた「総合視聴率」は20.3%だった。

 ドラマは映画化が決まっており、今秋に公開される予定。ドラマの前日譚(たん)に当たる物語で、ドラマと同じくタナダユキ監督がオリジナル脚本でメガホンを取る。高畑充希さんが主演を務め、大久保佳代子さん、柳家喬太郎さんらが共演する。