福島大食農学類に試験管ミキサー贈る 埼玉・タイテック

 
試験管ミキサーを寄せた広田本部長(左から2人目)と生源寺学類長(中央)ら

 理科学機器製造販売のタイテック(埼玉県越谷市)は4月28日、福島大食農学類に試験管ミキサー30台(約100万円相当)を寄せた。

 試験管ミキサーは、試薬を溶かす時に自動で混ぜることができ、実験の効率が上がるため研究などに必須な器具という。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、教育に支障が生じないように寄付を決めたという。

 贈呈式は福島市の同大で行われた。広田晶宏販売サービス部門取締役本部長が「学生が研究の楽しさや喜びを感じてもらえるよう尽力したい」と生源寺真一学類長に目録を手渡した。同席した同学類3年の武藤誠さん(20)は「目的の研究に活用できるよう学習したい」、2年の吉川優花さん(20)は「試験管を使う実験に応用して多くのことに還元していく」と感謝した。

 同社の亀山祐一仙台TSC所長が同席した。