霊山山開き、安全祈る 5月5日まで記念バッジ配布や物産展

 
登山客の無事故を願った安全祈願祭

 伊達市の名峰・霊山(825メートル)で1日、山開きが行われた。2日から5日まで「新緑トレッキング」と銘打ち、登山口で記念バッジを配布するほか、ふるさと物産展を開催する。

 1日は新型コロナウイルス感染症対策のため、関係者だけで安全祈願祭を執り行った。霊山神社の足立光枝宮司代務者が登山客の無事故を願った。霊山観光まつり実行委員会の森藤洋一委員長が「相馬福島道路が全線開通したことで観光に期待ができる。霊山の魅力を全国にPRしたい」と話した。

 登山記念バッジは各日午前8時30分から登山口駐車場で、先着200人に配布する。ふるさと物産展は各日とも午前9時から午後3時まで登山口駐車場で開かれ、物産購入者には、りょうぜん紅彩館の入浴割引券を配布する。

 問い合わせはりょうぜん紅彩館(電話024・589・2233)へ。