若松で「時短営業」スタート 酒類を提供する飲食店1000店対象

 

 新型コロナウイルス感染が急拡大している会津若松市で3日午後8時、県の要請に伴う酒類を提供する飲食店などの営業時間短縮が始まった。期間は17日午前5時まで。

 市内全域のスナックなどの接待を伴う飲食店、居酒屋やカラオケ店など酒類を提供する店舗約1000店が対象。午後8時~午前5時の営業自粛とともに、酒類の提供を午後7時までとするよう求める。期間中を通して要請に応じた事業者に協力金が支払われる。金額は前年度か前々年度の売上高から算定され、大半を占める中小企業の場合、1日当たり2万5000~7万5000円の範囲が基本となる。17日以降に申請を受け付ける。

 県は期間中、市民にも不要不急の外出自粛を呼び掛けている。問い合わせは県時短要請コールセンター(電話024・521・8562)へ。