水道料窓口担当が新型コロナ感染 福島市、9日まで業務休止に

 

 福島市は3日、市水道料金お客さまセンターで水道料金を取り扱う窓口の業務や電話対応などを担う同市の30代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染防止のため、もともと休みの予定だった日も含め当面9日まで窓口業務を休止する。再開時期は市水道局ホームページで周知するとしている。

 市によると、女性は市が水道料金徴収業務などを委託している第一環境東北支店(仙台市)に雇用されており、2日に陽性が判明した。4月28日以降の業務は電話対応のみで、窓口対応はなかった。水道メーター検針員は女性との接触はなかったことから、通常通り業務を行う。

 水道の使用開始や水道料金などに関する緊急の問い合わせは同センター(電話024・526・0736)へ。