いわきの2事業所でクラスター拡大 新たに4人感染確認

 

 いわき市は6日までに、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した市内の2事業所で、新たに計4人の感染が確認されたと発表した。

 市によると、これまで26人の感染が判明していた事業所で、新たに20代男性従業員3人の感染を確認した。クラスターは29人に拡大した。このうち2人は1度目のPCR検査は陰性だったが、その後に発熱などの症状があり、2度目の検査で陽性となった。

 これまでに5人の感染があった事業所では、新たに県外在住の20代男性従業員の感染が判明。市によると、男性は4月21日に感染が判明した従業員の濃厚接触者。感染者は計6人となった。