檜枝岐村、16歳以上のコロナワクチン接種開始 月内完了見通し

 

 檜枝岐村は7日、16歳以上の村民を対象に新型コロナウイルスワクチン接種を始めた。政府は小規模自治体などでワクチンの供給量が接種を希望する高齢者数を上回る場合、一般住民にも同時接種することを認めており、全人口約520人の同村では、今月中にも希望する全村民の接種が終了する見通し。

 16歳以上の人口は約460人でワクチン1箱(約500人分)で足りる。村は公民館などで集団接種を実施している。村内では8日現在、感染者は確認されていない。村総務課長の橘千春さん(52)は「政府の施策と合致して実現できたこと。油断はできないが村民の安心材料になる」と話した。