若手職員2人語り部デビュー、原子力災害伝承館で被災、復興を口演

 
語り部口演を行う渡辺さん

 東日本大震災・原子力災害伝承館(双葉町)で8日始まった若手職員による語り部口演では、渡辺舞乃さん(19)=南相馬市出身=と横山和佳奈さん(22)=浪江町出身=が登壇し、語り部としてデビューを飾った。

 2人のうち、渡辺さんは「若い世代の私が伝える」をテーマに口演。原町三小3年だった震災当時から10年間の歩みについて話し、助け合うことの大切さや転校のつらさと喜び、小高産業技術高生時代に励んだ古里復興の取り組みなどを紹介した。

 渡辺さんは口演後、「若い世代の語り部は少ない。多くの人に福島の経験を自分ごととして考えてもらうきっかけをつくるため、今後も話し続けたい」と述べた。