5320万円不正集金疑い2人逮捕 いわきの女性ら4人から受領か

 

 元本を保証すると約束して不正に現金計5320万円を集めたとして、いわき中央署は10日午後、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、住所不詳、自営業の男(40)、いわき市の会社役員の男(59)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は2017(平成29)~19年、いわき市の70代女性ら4人から、元本を保証することなどを約束し、現金計5320万円を受領した疑い。同署は「捜査に支障がある」として、2人の認否を明らかにしていない。

 同署によると、女性が昨年1月、同署に相談して被害が分かった。同様の被害をほかの女性3人からも確認した。被害者には県外在住者もいたという。同署は須賀川署、白河署、いわき東署、県警生活環境課と捜査した。