いわきで化学工場爆発 4人重軽傷、粉じん原因か

 
火災が発生し、黒煙が立ち上る堺化学工業湯本工場=11日午前8時40分

 11日午前7時45分ごろ、いわき市常磐岩ケ岡町の化学品メーカー堺化学工業湯本工場で「爆発があった」と住民などから119番通報があった。いわき中央署によると、4人が重軽傷を負い病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 同社によると、工場では防さび塗料の材料に使われる亜鉛の粉末を製造している。亜鉛の粉末に風を送って分別する装置「分級ファン」を作動させた際に異音がしたため、原因を調べようとした直後に爆発したという。県警は、粉じんの粒子が空気中に一定濃度で浮遊し、何らかの原因で引火して爆発する「粉じん爆発」が起きた可能性もあるとみて調べている。

 いわき中央署や市消防本部などによると、けがをしたのは協力会社の男性従業員。63歳が全身やけどの重傷、62歳と42歳が顔などをやけどする中等症で、29歳が打撲などの軽いけがをした。午前8時の作業開始に向けた準備をしていた。

 爆発の衝撃で工場の壁や屋根が壊れ、炎と煙が上がった。有毒ガス発生の懸念から市は一時、周辺に屋内退避を呼び掛けたが、発生は確認されなかった。市消防本部は午後6時半まで消火活動を続け、延焼の恐れがないことを確認。12日午前6時から再開する。