「青いバラ」イメージしライトアップ いわき市医療センター

 
青いバラをイメージしたライトアップ

 いわき市医療センターは、新型コロナウイルスの感染者の治療などに携わる医療従事者を励まそうと、同センターの外壁の一部を、青いバラをイメージしてライトアップしている。16日まで。

 青いバラの花言葉「夢がかなう」にあやかり、新型コロナの早期収束への願いを込めた。12日の「看護の日」に合わせて、初めて企画した。

 同センターの正面玄関付近の白い壁面(高さ約20.8メートル、幅約3.6メートル)を発光ダイオード(LED)で照らし、青い光が闇夜に浮かび上がっている。点灯時間は午後7時~同9時。