福島市のワクチン接種予約 オンライン接続は改善、電話混み合う

 
ワクチン接種の予約代行窓口。市職員や学生スタッフが高齢者から聞き取って接種日時を予約していた=10日午前、福島市役所1階ロビー

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、10日から一般高齢者向けの予約受け付けを電話とオンラインで始めた福島市。予約殺到で電話がかかりにくく、予約サイトは一時つながりにくかった。その後、電話は23回線しかないため混み合う状況は変わらなかったが、オンラインは処理能力を増強して接続を改善した。

 市によると、10日は高齢者約8万5千人のうち約1万5千人が予約を済ませた。予約方法は9割がオンラインだった。一方、インターネットを使えなかったり、操作が分からない高齢者向けに、市役所本庁舎や各支所にオンライン予約を代行する窓口も置いた。10日は550人、11日も大勢の高齢者が利用した。

 10日に予約代行窓口で予約を済ませた88歳女性は「これでようやくワクチンが打てる」と一安心。83歳男性は「早く接種し、活動が制限されている仕事に全力で臨みたい」と力を込めた。

 12日は80歳未満を含めた予約のピークを迎える。市は「混雑が予想されるので、できる限りオンラインを活用して。予約枠は全高齢者の約7割を確保しているので慌てないでほしい」とした。さらに接種前の注意点として「まずは『かかりつけ医』に『接種していいか』などを確認して予約するようにしてほしい」とした。