郵政150年記念「リボンラッピング」ポスト登場、いわき市内11局

 
郵政創業150年記念のラッピングをイメージした装飾がされているポスト

 いわき市の内郷、常磐両地区の郵便局11局は6日、局前ポストに郵政創業150年を記念した装飾を始めた。リボンでのラッピングをイメージした飾りで、訪れた人を楽しませている。31日まで。

 節目の年を機に利用者に感謝の気持ちを伝えようと、内郷宮郵便局の熊谷正範局長が中心となって企画した。絵柄は、デザイン関係の仕事をしていた富山県の富山駅前郵便局の若林仁志局長が制作した。

 内郷宮郵便局では、リボンとともに「赤べこ」の飾りも添えている。ポスト装飾の試みは昨年12月に続き2度目で、熊谷局長は「少しでも親しみを持ってもらえれば」と話している。