「自分好みのみそ造ります」大豆や塩選択、白河のこうじ店受注生産

 
みそを製造する山口こうじ店の職人

 白河市の山口こうじ店は、好みの大豆や塩などを選び、オーダーメードのみそを生産する「味噌委託加工サービス」を行っている。みそとして加工したい大豆やコメを持ち込み加工してもらうことも可能。

 同サービスでは、こうじの製造や大豆の加工、原材料の混合などの仕込みを同社が行い、仕込まれたみそを利用客が自宅で発酵・熟成させることで完成する。

 半年~1年間の発酵・熟成期間があるため、すぐにみそを食べることはできないが、消費者も加工する過程を楽しむことができる。

 生産量なども指定できるため、家庭の消費量に応じて注文することができる。

 同店の山口和真営業部長(26)によると、新型コロナウイルス感染禍にあって、発酵食品の健康作用への期待が高まっているほか、巣ごもり需要によりみそ造りなど食品加工に注目が集まっているという。

 オーダーメードのため、価格が注文内容に応じて異なるが、大豆などを同社が準備する場合約20キロで7500円ほどだという。問い合わせは同社(電話0248・34・2728)へ。